2009/6/3
半世紀以上、広島の喫茶店の歴史を刻んできた、デパート街のカフェ。
中区堀川町3-17 
8:00〜24:00
082-241-2726
年中無休
シャモニーモンブラン。中区八丁堀のえびす通り沿い。54年前の創業当時(純喫茶としてオープン)は、とてもめずらしかった3階建ての建物がいまも存在する。レトロな外観は、時間がここだけ止まったよう。店の中に入ると、重厚でクラシカルな空間が縦長に広がる。2階から3階は吹き抜けになり、大きな年代モノのシャンデリアと、おおきな絵画。赤や黄色、緑の縦長のステンドグラスが柔らかい光を空間に差し込んでいく。コーヒーは、東京の名店「ランブル」で学んだネルドリップコーヒー。意外とあっさりした味という印象でした。店先の黒板には、「他店では味わえない5種類ミックスのブレンドコーヒー」と書かれていた。こだわりのコーヒーなのです。

残念ながら、3階へは入れなくしているので、3階の吹き抜けから店内を見渡すことはできませんが、昭和の喫茶店という空気がここには残っている。午前中の店内は、どこかの会社の社員たちだろうか。4人が上司の話をあれこれしていた。一方、2階の窓際。ステンドグラスのすぐ近くでは、おしゃれな紳士がひとり、ゆっくりコーヒーをいただいていた。奥のキッチン近くの席には、頭上にテレビが流れていた。これも、どこか昭和の喫茶店らしい。
ご主人の男性は、僕が店に入ると、「どうそどうぞ上へ」と、やさしく迎え入れてくださった。やさしい語り口の方である。(初代創業者の息子さんのはず)

モーニングセット(525円・税込み)をいただく。マーガリンがあらかじめ塗られたトースト、そしてサラダ、ハム、ゆで卵。コーヒー(紅茶・ミルクも選べる)。そしてこのお店の特徴であるお味噌汁。窓際の席に座ったので、窓からは、えびす通りを見下ろす感じとなる。向い側には、胡子神社と三越。

このシャモニーモンブラン、デパート(福屋・天満屋・三越)のすぐ裏手になることから、かつてはデパートへ買い物したり、映画を見たりしていた、恋人や家族、そして広島大学の学生たち・・・たくさんの人たちに長年愛されてきた。こと、家族に連れられ、ここでパフェやナポリタンスパゲティを食べた思い出のある人も多いのでは?昭和の思い出の詰まった、そんな喫茶店・・・

モーニングは朝8時から11時です。
ブレンドコーヒー・アメリカンコーヒー 400円+税
ウインナーコーヒー 500円+税
ぜんざい 500円+税
クリームぜんざいフラッペ(カキ氷) 600円+税
プリンアラモード 600円+税
タイムランチ 700円+税
11:00〜14:00 味噌汁とコーヒー付きコーヒーフラぺチーノ
ハンバーグスパゲティー 800円+税
ポークカツサンド 550円+税
チーズケーキセット(ヨーグルト・飲み物付き)700円+税




モーニングサービス
トースト、ゆで卵、サラダ、ハム
モーニングサービス
味噌汁とコーヒー

2階のステンドグラス 吹き抜けのシャンデリアと絵画

2階から中2階を望む 2階テーブル席から
えびす通りを見下ろす

中2階席。キッチンもここに 1階。レジもここ。常連さんはここで過ごす
ショーケースの窓から透けて外が見える






inserted by FC2 system