2006/3/7
美味しい1杯を提供するために妥協しないこだわりの珈琲店
広島市中区宝町6-15 7:30〜19:00
日・祝は午前のみ営業
082-249-3850 日祝


※2007年4月現在、下記メニューは、珈琲などを中心に100円程度値上げされました
文章は、価格の変わる以前のものなので、ご注意ください。

押さえ気味の苦味、十分な量のブレンド400円。キリマンジャロ450円。ブランデーコーヒー550円
モカマタリ500円。コロンビアメデリン、ブラジルサントス450円。カプチーノ600円。ルシアンコーヒー500円
ナッツコーヒー、エッグコーヒー、ミントコーヒー500円。カフェオーレ400円。
紅茶400円。バンホーテンココア400円。ホットレモン500円。ホットオレンジ600円。
ピーナッツミルク450円。ミルク400円。アイスコーヒーアイスオーレ、アイスティー450円。
レモンスカッシュ500円。オレンジスカッシュ600円。ミルクセーキ500円。アイスクリーム500円。
トマトジュース500円。グレープジュース600円。
野菜サラダ400円。ハムサラダ600円。ナポリタンサラダ700円。ミニサラダ350円。
コーヒー酒800円。
トースト200円。エッグ・ハム・ベーコントースト各400円。ハムエッグトースト500円。
ミックスサンドウィッチ600円。エッグサンドウィッチ600円。ハムサンド・ハムエッグサンドウィッチ各650円。
モーニングセットは600円(山型パントースト、サラダ、珈琲)午前11時まで
オムレツセット800円(プレーンオムレツ、サラダ、トースト、コーヒー)
カナディアンセット700円。(ハンバーグサンド、コーヒー)

おすすめは、自家製チーズケーキ200円。コーヒーゼリー500円。
こだわりの老舗自家焙煎珈琲店。なにもかもが本格的。ネル、ミルク調合も自前
カップも、事前に湯で温められており、また、パンもこだわられている。
マスターをはじめ、店の方は、とても紳士的で丁寧。常にお客様がここちよく過ごすためにと気を配られてる。新聞もすぐ持ってきていただいたり、心細かい、凛とした接客をされる。
席数は30席程度。駐車場も8台程度完備。
遠方からも、ここで焙煎した豆を求めに、朝からひっきりなしにお客さんがやってこられる


広島の有名な老舗珈琲店、ここのところ、朝の目覚めてから、本調子になるまで時間がかかるので、気分転換ということで、仕事場へ行くとき、ちょっと回り道して訪れました。このお店、ほんとうに珈琲にこだわってる。自家焙煎にこだわってるし。朝は、マスターと、若い男性店員さんが、とても丁寧できめ細かい接客をされる。いかにみんなにここちいい時間、美味しいコーヒーを提供できるかっていうのを大切にされてるんだろうな。僕が、カウンターに座ると、かかさず、若い店員さんが新聞を持って来てくれる。マスターは、カウンター越しに、真剣に珈琲を入れる。店員2人に、随時、柔らかい物腰で的確に指示を送る。温度から、パンの焼き方、順番などなど。お湯で温められていた珈琲カップをすくい上げ、芸術的な手さばきでコーヒーを注ぐ。おいしい。お客さんは、30席ある席はほぼ埋っていて、おもいおもいにくつろいでる。雑誌や新聞をじーっと読んでいたり。きっと、おなじみさんがそろってるのだろう。多くの人は、店を出るとき、みな、なにかマスターと会話される。また、ひっきりなしに、豆の注文が入る。
僕は、そのここちよい緊張感と、ここちよい雰囲気が大好き。なにもかもが、本格的で、きめこまかい。そして、苦すぎず、香りのいいコーヒーが、ほんとに美味しい!最後に、「混雑していて、申し訳ございませんでした・・・」「また、おこしくださいませ」と、マスターや店員さんが丁寧におっしゃってくれる。こういうのを紳士的というのだろうな。凛としてるというか。でも、不思議とくつろげるんですよ。不思議と。

以前、あるタウン誌で、ここのマスターがこういっていた
「これがコーヒーという味はうちにはありません。お客様が好きなコーヒーを好きなようにのんでもらいたい」と。そういう想いは、やはりすごくここに来ると伝わります。時間があれば、自家製チーズケーキとか食したいのだが・・・
朝のあわただししさの前に、こういう場所でささやかな時間を過ごすと、1日が最高のスタートを切れるような気がします。みなさんにとって、そんな自分だけのホッとできる、そんなここちいい場所って、ありますか?





ブレンドコーヒー400円


カウンターから


重厚な店内の雰囲気


カウンターにはおもいおもいの会話が


奥のテーブルから


焙煎室の窓を外から


トレードマークの看板


凛とした店の方たち


美味しいコーヒーを純粋にいただく場所


inserted by FC2 system